申し込む業者は少なく

申し込む業者は少なく

キャッシングを利用するとき必ず審査が必要とされます。そのため、「一社だけ申し込みをしても通過しないかもしれないから、複数の金融業者に申し込みをしたほうがいい」と行動する人がいます。しかし、これは逆効果となることが多いので控えなくてはなりません。

 

というのも、どの金融業者でも借金履歴を同じセンターに問い合わせているのです。そのセンターによって、借金の履歴だけでなく申し込みした金融業者も把握されてしまいます。つまり、複数社に同時に申し込みしたことが各金融業者にも知られてしまっているのです。

 

もしも、複数社で審査が通過してしまったら、そのままそれぞれの金融業者でキャッシングを受けられることになってしまいます。下手したら消費者のトータルで返済能力以上の借金をしてしまう可能性も考えられます。そのようなことが起こらないためにも、金融会社は一度に複数社に申し込みをした人は審査の過程で落とされることがあります。

 

そのため、結果として一社もキャッシングを利用することができないというケースもあります。もしも、金融業者を利用するのならば、なるべく申し込みは1社か2社くらいに留めておいたほうが利用できる可能性が高まります。

 

おまとめローンの申し込みついて

銀行系、消費者金融系の何れの金融機関のおまとめローンを選んでも、次に行なう申し込み手続きに不備があると審査には通りません。そのため申し込み手続きは間違いがないように、慎重に行なっていく必要があります。

 

申し込む金融機関が決まったら、まずどの方法を使って申し込むかを決めます。店頭申込や郵送申込に加えて、近年はどの金融機関もインターネット申込が可能になっています。基本的に提出する書類は申込書をはじめどれも同じのため、利便性などを考えて選んでいくことになります。

 

おまとめローン申込書の内容は大きく分けて3つになります。まずは一つ目が自身の情報に関する事柄です。氏名や生年月日、配偶者の有無などに加えて年収の申告も必要です。二つ目は自宅に関する情報です。電話番号や賃貸か持ち家かといった情報や住宅ローンの有無の申告もあります。三つ目が勤務先の情報となります。職種や業種、勤務先の電話番号や住所を記す必要があります。

 

これらの必要事項を記入して、申込書や身分証明書などの必要書類を提出します。金融機関はこれら提出された書類を元に審査を行い、その結果をおまとめローン申込者に通知します。

 

審査の途中で自宅や職場に在籍確認の電話が入ることがあります。また収入の証明が必要なこともあるため、給与明細や源泉徴収票なども準備しておく必要があります。